車買い取り専門店ランキング

車買い取り専門店ランキング

車買取の基礎知識

車買い取り専門店ランキング

自動車の買い取り価格を決めるものは全て買い手の価格感です。

 

古物のオークションと同じで商品価値があると思われる買い手が居れば高い値段がつきます。

 

新車の商談時に下取りでは、「最低でもお客様のリサイクル料金がありますので2万円で下取りますが」と言われました。

 

実際に走行距離は10万キロを超えていますし、程度の良い車とも言い難いと諦めてはいましたので納得のいく価格だと考えていました。

 

翌日、知り合いの業者さんに相談したところ「車検が1年残っているので車検が切れるまで店のサービスカーとして使用したいので5万円でどうですか」と即答されました。

 

これには驚きました。そのクルマの値打ち(利用価値)があるか無いかは買い手によって大きく違うと言うことを知りました。

 

そのまま下取りに渡してしまっていたら3万円の差が生じています。一言相談するかの違いなのです。

 

一括査定のサイトを利用しても3万円が限界の値段でしたが、自分自身で知り合いに相談するとか身の回りに中古車を探している人はいないか、少しの努力で大きく値段は違ってしまう事になります。

 

買い取る側は、売れるかどうか解らないクルマであって売却するにも費用がかかってしまうことから高い値段は付けられないのでしょう。

綺麗に見せれば査定額がアップする?

自動車を売却するときには綺麗に見せるということが重要だと感じている人も多いと思われます。

 

綺麗な車の方が査定をするときに金額がアップしやすいという考えがあるのではないか?と思うからです。

 

自動車をきれいに見せるためにはどういった方法があるか?というと、代表的なのは洗車です。

 

洗車をすることで明らかに綺麗になる場合もありますが、実はここは自動車売却の際の落とし穴になることがあるので知っておいてほしいです。

 

自動車を売る前に洗車をすることは、車をきれいにするということは確かに可能です。

 

しかし、車が綺麗になったとしても、洗車をしたくらいの状態ならば、自動車売却での査定金額というのは、洗車をしなかったケースと比べて、実は大差ない場合があるのです。

 

つまり、洗車をするということは車が綺麗になったとしても、査定金額を上げる力があるか?どうかとは実はあまり関係ないということなのです。

 

洗車というのは、査定をしている会社でも簡単に行えたりする場合があるので、事前にやっておいてもらわなくても構わないという認識だと思われます。

 

そのため、洗車をすれば簡単に落とせる汚れが車のボディに残っていたとしても、それが査定金額の大幅な下落につながるとも言えないのです。

 

ここは自動車売却の際には知っておくべきでしょう。

更新履歴